ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

加山又造(かやま またぞう) 略歴

  • 1927年 京都府の西陣に染織図案家の子として生まれる
  • 1949年 京都市立美術工芸高校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)から東京美術学校日本画科(現・東京藝術大学)に進み、東京藝術大学を卒業。山本丘人に師事
  • 1956年 53年から新制作展に出展し、3年連続して新作家賞を受賞。新制作協会会員となる
  • 1958年 第2回グッゲンハイム国際美術展に出品
  • 1973年 第5回日本芸術大賞受賞
  • 1974年 創画会創立に加わり会員となる
  • 1984年 山梨県・身延山久遠寺大本堂に天井画「墨龍」と水鳴楼の襖絵完成
  • 1988年 東京藝術大学教授就任。「千羽鶴」完成。「龍図」(光記念館所蔵)完成
  • 1995年 東京藝術大学名誉教授就任
  • 1997年 京都市・天龍寺法堂に天井画「雲龍図」完成。同年文化功労者として顕彰
  • 2001年 「白雪ノ嶺」完成
  • 2003年 文化勲章を受章
  • 2004年 4月6日死去(享年76)

加山又造

ざくろ (墨色メゾチント) 【1点限り】

加山画伯自らが丹精込めて描版された本作品は、繊細な描写とビロードのような深みのある黒と美しい階調で表現されており、メゾチントの特徴を充分に生かした、加山芸術ならではの幻想的な世界を創出した逸品です。

版種 銅版画(墨色メゾチント)
限定 HC版
画面寸法 13.8cm×18.5cm
額(軸)寸法 50.7cm×42.5cm
版数色数 1版 雁皮刷り
用紙 ヴェランアルシュ紙
工房 木村希八版画工房
価格 360,000円(消費税8%込)
その他

※H.C.版のご案内です。
直筆サイン入り

《メゾチントとは》

銅版画の技法の一つで最も古くからある。版面を直接彫刻刀で製版するもので、フランスではマニエール・ノワール「黒の技法」とも言われている。版の全面に道具で傷をつけることにより、全体がビロードのような深みのある黒を得、その中に階調の微妙な変化を生かし、白く描き起こしていく方法。描版、刷り共に繊細な神経と高度な技術を要する。


※ご注文のタイミングによりご売約済みの際はご容赦ください。

関連商品