ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

田村能里子(たむら のりこ) 略歴

  • 1944年 愛知県に生まれる。
  • 1966年 武蔵野美術大学油絵実技専修科卒業。
  • 1969?73年 インド滞在。
  • 1986年 文化庁芸術家在外研修員として中国に留学、西域各地を探訪。国内外数多くの壁画を制作。
  • 1994年 個展「沙風のかたち」を開催(有楽町・アートフォーラム、日本経済新聞社主催)
  • 2004年 個展「田村能里子の宇宙」を開催(東京・丸ビル、日本経済新聞社、テレビ東京主催) 他各地で個展多数。
  • 2012年 ホテル椿山荘東京・ロビーの壁画制作。
  • 2014年 東京、日本橋高島屋・特別食堂入り口の壁画が61作目の壁画となる。
  • 現在まで壁画制作の合間を縫ってインド・タイ・中国などアジア各地への旅をくり返し、 大地にしっかりと足を踏みしめて凛として生きる「アジアのひとのかたち」をテーマに描き続けている。
  • エッセイ集「陽だまりの女たち」(1985・筑摩書房)、画文集「女ひとりシルクロードを描く」 (1988・日本経済新聞社) 画文集「風と沙と女たち」(1994・日本経済新聞社)などの著書がある。
  • 現在、無所属

作家自筆によるパステル手彩色の部分加筆が施されたオリジナル性の高い版画作品です。
そのため、作品は一点一点が異なりますのでご了承下さい。

版種 リトグラフ+パステル手彩色
限定 120部
画面寸法 378×455mm
額(軸)寸法 635×705mm
版数色数 3版4色
用紙 ヴェラン・アルシュ
工房 版画工房にれ
価格 194,400円(消費税8%込)

関連商品