ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

藤田嗣治(レオナール藤田)(ふじた つぐはる) 略歴

  • 1886年 東京府牛込区に、父藤田嗣章、母政の次男として生まれる。
  • 1910年 東京美術学校を卒業。
  • 1913年 渡仏。翌年にかけてパリでピカソ、モディリアニ、スーチンらと出会う。
  • 1921年 独特の、白く滑らかな下地の油彩画を発表しパリでの評価を確定、人気作家となる。
  • 1968年 スイスのチューリッヒ州立病院で死去。享年81。
  • 日本政府から勲一等瑞宝章を授与される。

藤田嗣治(レオナール藤田)

パリの屋根の前の少女と猫

-絵画の中の子どもたちー   フジタはキリスト教、猫、子どもを主題とした作品を多く描いています。 特に戦後は、子どもを主題とした作品を多く描きました。 この作品は、戦後10年経った1955年に描かれました。 子どもを主題とした作品について、フジタは「私の数多い子どもの絵の小児は皆私の創作でモデルを写生したものではない。私の画の子どもが私の息子なり娘で一番愛したい子どもだ」と語っています。

版種 リトグラフ
限定 300部
画面寸法 縦49.5×横38cm
額(軸)寸法 縦80.5×横68cm
版数色数 15色15版
重量 約3.5kg
用紙 BFKリーヴ紙
工房 Imprimerie Clot Bramsen & Georges a Paris, France
価格 280,800円(消費税8%込)
その他

※画面左下:ADAGP Paris(フランス著作権協会)承認のエンボス

※画面右下:Foujitaのスタンプサイン

※原画:1955年制作

関連商品