ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

上村淳之(うえむら あつし) 略歴

  • 1933年 京都市に生まれる。祖母・松園、父・松篁はともに日本画家。
  • 1959年 京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)専攻科を修了。
  • 1968年 新制作協会会友となる。
  • 1981年 創画会会員となる。
  • 1994年 上村家三代の作品を所蔵、展観する松伯美術館が開館、館長となる。
  • 1995年 日本藝術院賞を受賞する。
  • 1999年 京都市立芸術大学教授を退任、同大学副学長となる。
  • 2002年 日本藝術院会員となる。
  • 2004年 京都市立芸術大学副学長を退任。「上村淳之展」(三越)が巡回開催される。
  • 平城遷都1300年記念事業・大極殿復元プロジェクトに参加する。
  • 2005年 創画会理事長となる。(2012年まで)
  • 2007年 「上村淳之展-朝霧の鳥・月明の鳥」(三越)がパリで開催される。
  • 2008年 高島屋美術部創設百年記念「上村淳之展-万葉の四季」が巡回開催される。
  • 2010年 平城遷都1300年記念事業として復元された第一次大極殿正殿内の36面の壁画を制作する。喜寿記念「上村淳之展」(高島屋)が巡回開催される。
  • 2012年 〈上村淳之展~作家の眼〉が京都市立美術館で開催される。「傘寿記念・上村淳之展」が巡回開催される。
  • 2013年 文化功労者として顕彰される。

上村淳之

雪(連作「雪月花」より)

松園、松篁と親子三代にわたり美の系譜を受け継ぐ上村淳之氏。
奈良市平城のアトリエ「唳禽荘(れいきんそう)」に千羽を越える鳥たちを飼育している淳之氏ならではの鋭い観察眼で描かれた花鳥画は、繊細でいて格調高い作風です。
作品に描かれているベニヒワはユーラシア大陸、北米に広く分布する小禽で、日本には秋に山林や草原、平地に生息し、カバノキ科の種子やイネ科、キク科の実を採食します。枯れ草の残る雪原を十数羽から数十羽が団子状に群れて、「チョチョチョ」、「チュイーン」と鳴きながら、高く低く波状飛行を繰り返して移動する様子はとても印象的です。

版種 リトグラフ
限定 200部
画面寸法 28.5×45.5cm
額(軸)寸法 47.2×66.5cm
版数色数 27版27色
用紙 BFKリヴ紙
価格 259,200円(消費税8%込)
その他

・銀色箔使用

・直筆サイン・落款・番号入り

関連商品