ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

那波多目 功一(なばため こういち) 略歴

  • 1933年 父・煌星(日本美術特待)の長男として茨城県那珂湊(現在のひたちなか市)に生まれる
  • 1950年 第35回院展に「松山」が初入選。松尾敏男に師事
  • 1984年 第69回院展で「うすれ日」が日本美術院賞受賞。日本美術院特待となる
  • 1985年 春の院展で「小春日」が外務大臣賞受賞
  • 1986年 第71回院展で「耀」が日本美術院賞、前田青邨賞受賞
  • 1995年 第80回院展で「寂」が文部大臣賞受賞
  • 1999年 第84回院展で「富貴譜」が内閣総理大臣賞受賞
  • 2000年「富貴譜」が日本芸術院賞受賞
  • 2002年 日本芸術院会員となる
  • 2005年 茨城県から特別功績者として表彰される
  • 現在、日本芸術院会員

那波多目 功一

春日(はるひ)

今を盛りと咲き誇る桜の枝が画面いっぱいに描かれた、春爛漫の作品です。
原画は平成17年、第60回 春の院展全作品集の表紙を飾っています。

版種 リトグラフ
限定 100部
画面寸法 24.0×28.4cm
額(軸)寸法 47.2×50.8cm
版数色数 18版18色
重量 約2.4kg
用紙 べランアルシュ紙
価格 194,400円(消費税8%込)
その他

直筆サイン・番号・落款入り

関連商品