ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

棟方志功(むなかた しこう) 略歴

  • 1903年 青森市に生まれる。
  • 1928年 平塚運一を訪ね、木版画の技術を学ぶ。 帝展に「雑園」(油彩画)を出品、初入選。
  • 1955年 サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展に 「釈迦十大弟子」などを出品、版画部門最高賞を受賞。
  • 1956年 ヴェニス・ビエンナーレ国際美術展に 「湧然する女者達々」などを出品、国際版画大賞を受賞。
  • 1970年 文化功労者として顕彰される。文化勲章を受章する。
  • 1974年 「財団法人棟方板画館」(鎌倉市)が開館する。
  • 1975年 逝去。「棟方志功記念館」(青森市)が開館する。
  • 2003年 生誕百年記念「棟方志功展」が 全国6都市で開催される。

棟方志功

玄妙図(げんみょうず)【残部僅少】

円窓内におおらかな女人菩薩像。その周りに月、太陽、山、鳥居、北斗七星、蓮などの文様が配されて宇宙観(森羅万象)を表しています。そして力強い「玄妙」の二文字は、道理や趣が深く優れていることを表しています。

版種 リトグラフ
限定 240部
画面寸法 60.6×40.4cm
額(軸)寸法 80.5×60.4cm
版数色数 31版31色
用紙 越前紙鳥の子弐号白口
価格 327,086円(消費税8%込)
その他

監修:財団法人 棟方板画館

証明:監修者の証明印・限定番号入り

発行/発売元:小学館/小学館イマージュ

※記載の監修者名等は作品制作時のものです。

関連商品