ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

棟方志功(むなかた しこう) 略歴

  • 1903年 青森市に生まれる。
  • 1928年 平塚運一を訪ね、木版画の技術を学ぶ。 帝展に「雑園」(油彩画)を出品、初入選。
  • 1955年 サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展に 「釈迦十大弟子」などを出品、版画部門最高賞を受賞。
  • 1956年 ヴェニス・ビエンナーレ国際美術展に 「湧然する女者達々」などを出品、国際版画大賞を受賞。
  • 1970年 文化功労者として顕彰される。文化勲章を受章する。
  • 1974年 「財団法人棟方板画館」(鎌倉市)が開館する。
  • 1975年 逝去。「棟方志功記念館」(青森市)が開館する。
  • 2003年 生誕百年記念「棟方志功展」が 全国6都市で開催される。

棟方志功

萬里無片雲妃図(ばんりむへんうんひず)

本作品の原画はこれまで一般に公開されることがなかった門外不出の秘蔵の名品です。煩悩妄想のひとかけらもない清らかな悟りの境地を意味する「萬里無片雲」の書と円窓大首といわれる女人像と鮮烈な色彩が、ムナカタの美の世界観を表しています。

版種 リトグラフ
限定 240部
画面寸法 28.4×41cm
額(軸)寸法 48.4×61cm
版数色数 25版25色
用紙 特漉弐号紙
価格 237,600円(消費税8%込)
その他

監修:棟方良(棟方志功の孫)

証明:監修者の証明印・限定番号入り

発行/発売元:小学館/小学館イマージュ

※記載の監修者名等は作品制作時のものです。

関連商品