ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

上村松園(うえむら しょうえん) 略歴

  • 1875年 京都市に生まれる。
  • 1887年 京都府画学校に入学。
  • 1888年 鈴木松年に師事し「松園」と号する。
  • 1893年 幸野楳嶺門下に入る。
  • 1895年 竹内栖鳳に師事。
  • 1900年 第9回日本絵画協会・日本美術院連合共進会に「花ざかり」出品。銀牌を受け、画壇での地位を固める。
  • 1902年 長男生まれる。(後の上村松篁)
  • 1916年 第10回文展に「月触の宵」を出品。文展永久無鑑査となる。
  • 1940年 ニューヨーク万国博覧会に「鼓の音」を出品。
  • 1941年 帝国芸術院会員となる。
  • 1948年 女性初の文化勲章を受章。
  • 1949年 8月逝去。享年74。

上流の女性が外出の装い身をつつみ、ひとりたたずむ姿と、静かに舞い落ちる桜の花びらがうららかな春を彩ります。

※ご注文の際は、備考欄に「額装」「軸装」のご希望をご記入願います。

版種 リトグラフ
限定 200部
画面寸法 縦39.3×横45.5cm
額(軸)寸法 額装:縦61.5×横67cm、軸装:縦135×横58.6cm
版数色数 33版33色(金泥含む)
用紙 越前鳥の子弐号紙
価格 243,771円(消費税8%込)
その他

原画所蔵:ウッドワン美術館

監修・解説:上村淳之

発行:小学館 / 発売元:小学館イマージュ

関連商品