ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

尾形光琳(おがたこうりん) 略歴

万治元年(1658年) - 享保元年(1716年)江戸時代の画家。京都の呉服商の次男として生まれる。

本阿弥光悦との婚姻関係にある家柄で、「鷹ガ峰芸術村」や京都の上流階級への出入りができたことなど、芸術的に恵まれた環境にあった。幼少期より能や茶道などをたしなみ、父から絵の手ほどきは受けていたが、本格的に絵の仕事を生業としたのは40歳を過ぎてからで、俵屋宗達や狩野派の山本素軒の作品に学んだといわれる。狩野派の持つ瀟洒な側面と、土佐・大和絵の気品とを併せ持った独特の画風を確立した。彼の比類なる感性による装飾性に富んだ作品には、花鳥風月を愛でる日本人ならではの情感も描き込まれており、後年「光琳模様」と呼ばれたその独自の世界観は、酒井抱一、鈴木其一、神坂雪佳らにより「琳派」という呼び名で、現在まで繋がる美の継承が続くことになった。

尾形光琳

群鶴図(左図)

ワシントン・フリーア美術館至宝の名品にして門外不出の秘蔵品

琳派を代表する鳥と言えば鶴。千年の長寿まで夫婦が添い遂げるといわれ、日本画の慶祝図に最も相応しい瑞鳥です。
本作品では、流水に集い遊歩する鶴たちの姿が、流れるように優美な曲線を基調にしたスマートさと気高い品格を湛え、光琳らしい意匠性をもって見事に描かれています。光琳ならではの大胆な金地の余白と流水のくねるような曲線によって、横並びの鶴たちがくっきりと際立ち、瑞鳥の神々しいまでの気品が一面に漂っています。
さらに本作品の最大の特徴は、斜めから正面へと鑑賞する位置を変えてみることで、背景の金色が変化し、同時に流水と鶴の群れがあたかも右から左へ、左から右へと実際に移動しているような感覚を誘うところにあります。動くはずのない画面を鑑賞者の錯覚を利用して見事に動かしてみせる光琳の巧みな意図を堪能できる醍醐味も今回の復刻作品で再現しています。

版種 シルクスクリーン(特色)振金技法
限定 200部
画面寸法 26.0cm×60.0cm
額(軸)寸法 45.5cm×78.5cm
用紙 鳥の子二層特漉和紙
価格 140,400円(消費税8%込)
その他

※「振金(ふりきん)」とは、彩色を施した部分が未乾燥のうちに金色粉を振り掛けるようにのせ、数時間後に画面上に付着せずに残った金色粉を取り除いて完成させる技法。漆塗りの装飾工程から絵画に転化させた特殊技法で、溶液に溶かした絵の具では表現できない金色の美しい発色が魅力です。

※軸装も承ります。

関連商品