ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

藤田嗣治(レオナール藤田)(ふじた つぐはる) 略歴

  • 1886年 東京府牛込区に、父藤田嗣章、母政の次男として生まれる。
  • 1910年 東京美術学校を卒業。
  • 1913年 渡仏。翌年にかけてパリでピカソ、モディリアニ、スーチンらと出会う。
  • 1921年 独特の、白く滑らかな下地の油彩画を発表しパリでの評価を確定、人気作家となる。
  • 1968年 スイスのチューリッヒ州立病院で死去。享年81。
  • 日本政府から勲一等瑞宝章を授与される。

藤田嗣治(レオナール藤田)

“小さな職人たち”トイレ番

藤田嗣治は、生涯にわたって子供を多く描いた画家として知られています。
代表的なシリーズの一つである「小さな職人たち」には、パリ、そして職人仕事への特別な想いを子供たちの姿を通して表現しています。1960年に小口木版で制作された貴重な生前作です。

版種 木口木版画
限定 1点
画面寸法 18.5×18.5cm
額(軸)寸法 41.5×41.5cm
用紙 ヴェラン・アルシュ
工房 ピエール・ド・タルタス
価格 237,600円(消費税8%込)

関連商品