ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

葛飾北斎(かつしか ほくさい) 略歴

(1760~1849)
江戸本所割下水(現在の墨田区・両国付近)に生まれる。19歳の時、浮世絵界きっての巨匠・勝川春章に入門し「春朗」と号して役者絵などを描いた。のち狩野派をはじめ、大和絵や琳派、雪舟流、中国画など、各種の流派や画風を学習し、自己の作風へ吸収していった。
なかでも西洋画の影響は大きく、陰影法や遠近法を駆使した風景画はやがて名作「凱風快晴」を含む「冨嶽三十六景」へと大成してゆく。
北斎の旺盛な制作意欲は、肉筆美人画、狂歌絵本、読者挿絵など多分野に注がれ、『北斎漫画』全15冊、『富嶽百景』全3冊などを次々と生み出した。北斎は、生涯に亘って何事においても一点に安住することなく、自己改造・自己変革に努め、改号すること30回以上、転居すること93回という奇行は伝説的ですらある。
新しい表現の追求と旺盛な想像力のもとに生み出された作品は、西洋の画家たちに大きな影響を与え、今なお世界で最も有名な日本人画家のひとりとして記憶されている。

葛飾北斎

品川御殿山ノ不二

葛飾北斎の代表作、木版画“富嶽三十六景”より品川・御殿山で花見をする人々を生き生きと描いた浮世絵の名作を、熟練の彫師・摺師の技によって美麗に復刻いたしました。

版種 木版画
画面寸法 25.2×37.5cm
額(軸)寸法 42×54cm
価格 27,000円(消費税8%込)
その他

木製額入り

・彫師 朝香元晴
・摺師 菱村敏
(共に文化庁選定保存技術団体「浮世絵彫摺技術保存会」会員)

関連商品