ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

伊藤若冲(いとう じゃくちゅう) 略歴

正徳六年(1716年)~寛政十二年(1800年)
江戸中期の画家。斗米庵、米斗翁の号がある。京都錦小路高倉の青物問屋の跡取り息子として生まれ、狩野派を学びさらに宋元明の中国絵画を研究し、また身辺の自然を直接学ぶことによって独自の画境に至る。
装飾的な花鳥図や飄逸な水墨画を描き、特に鶏を描くことを得意とした。晩年は深草の石峰寺の門前に隠棲し、観音堂の天井絵を描く。代表作には、京都鹿苑寺大書院水墨障壁画、御物の「動植綵絵」、大阪府西福寺の金地濃彩襖絵「群鶏図」などがある

伊藤若冲

花卉(かき)図天井画 「やまざくら」

晩年の作品と伝えられ、元は石峰寺観音堂の天井画として描かれたものと伝わっています。
若冲らしい見事な構図と表現で、それぞれの花を見事に描ききっています。

版種 木版画
画面寸法 径24cm(パネル仕立)
額(軸)寸法 縦38cm×横38cm
用紙 越前和紙
価格 32,400円(消費税8%込)
その他

●額:木製額(生地仕上げ)

関連商品