ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

斎藤清(さいとう きよし) 略歴

  • 1907年 福島県河沼郡会津坂下町に生まれる。
  • 1931年 上京し独学で油絵を学ぶ。
  • 1932年 第9回白日会展に油彩を出品、初入選。
  • 1936年 第5回日本版画協会展に『子供座像』『少女』出品、初入選。
  • 1937年 第12回国画会展版画部門に初入選、没年まで連続出品。
  • 1951年 サンパウロ・ビエンナーレに『凝視(花)』出品、サンパウロ日本人賞受賞。
  • 1952年 アメリカでの初の個展開催。
  • 1956年 「第1回棟方志功・斎藤清近作発表展」開催。
  • 1970年 連作『会津の冬』最初の20点を発表。
  • 1981年 秋の叙勲で勲四等瑞宝章を受ける。
  • 1995年 国の文化功労者に顕彰される。
  • 1997年 歿。享年90。

斎藤清

柿の会津(34) 【1点限り】

晩秋の風景に網の目の様にデザインされた柿の枝が配された本作は、斎藤清の代表的な絵柄のひとつです。

版種 木版画
限定 76/100
画面寸法 40.5×54.5cm
額(軸)寸法 62.0×77.0cm
価格 1,157,100円(消費税8%込)
その他

・版画制作:1992年

・画面上に直筆サイン・印、画面余白に番号入り

関連商品