籔内佐斗司『五月童子(さつきどうじ)』 | ブロンズ | 日経アート
ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

籔内佐斗司(やぶうち さとし) 略歴

  • 1953年 大阪市に生まれる
  • 1978年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
  • 1980年 同大学大学院美術研究科(彫刻専攻 澄川喜一研究室)修了
  • 1982年 同大学保存修復技術研究室にて古文化財の研究と修復に従事(1987年まで)
  • 2004年 東京藝術大学大学院文化財保存学教授に就任
  • 2005年「籔内佐斗司の世界in 醍醐寺」(醍醐寺霊宝館ギャラリー及び庭園) 奉納演奏会「羯磨会 in 清水寺」「一日限りの籔内佐斗司展」(清水寺大講堂/京都)
  • 2006年「籔内佐斗司彫刻展 神霊的童子」(香港崇光百貨有限公司/香港)「三越美術部百年記念 籔内佐斗司彫刻展 百年童子」(日本橋三越及び各店)
  • 2007年「高島屋美術部100周年記念展 籔内佐斗司展~笑門来福~」(日本橋高島屋及び各店)
  • 2008年 平城遷都1300年祭り(奈良)公式マスコットキャラクター「せんとくん」発表
  • 2014年「籔内佐斗司 彫刻展」開催(島根県石見美術館)
  • 現在、東京藝術大学大学院文化財保存学教授

籔内佐斗司

五月童子(さつきどうじ)

こいのぼりにちなんだ新作ブロンズ、「五月童子」です。

端午のお節句に、この「五月童子」のように元気で逞しい、お子様やお孫様の健やかな成長を願って、ぜひお飾りください。

※こいのぼりの口元と棒を結ぶ銅線(左の画像)は、作家の意向で赤い紐になっています。

限定 88体
サイズ 高さ21.0×幅9.0×奥行24.0cm
素材 ブロンズ
価格 864,000円(消費税8%込)
その他

作家自刻署名・共箱入り

制作年:2015年

【籔内佐斗司 作品の証明について】

・すべての作品は、指定の鋳造工場のみで制作されています。

・作品本体に、署名と限定番号が作者自身により彫り込まれています。

・必ず指定業者が調達した桐箱に収められています。

・桐箱の蓋の表面に、作品名が自筆墨書きされています。

・桐箱の蓋の表面に、鉛筆による限定番号が記されています。

・桐箱の蓋の裏面に、作者名の自筆墨書きと押印がされています。

・限定番号とともにEAまたはAPと書かれているものは、制作数の一割程度制作する非売品の作家取り置き作品です。

・上記データはすべて画像として記録・管理されており、籔内佐斗司工房において真贋を照合することができます。

関連商品