ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

岩井純(いわい じゅん) 略歴

  • 1947年 仙台市生まれ
  • 1971年 仙台第二高等学校を経て、北海道大学理学部卒業。京都で奥村孝一氏に師事
  • 1976年 仙台市に築窯
  • 1977年 第1回仙台市十字屋個展(~2002年 22回)
  • 1978年 第18回伝統工芸新作展入選(14回)
  • 1981年 東京・松屋銀座個展(以後22回)
  • 1987年 米国、ピッツバーグ市、カーネギーメロン大学主催「ディスカバー・ジャパン・フェアー」招聘個展。ピッツバーグ大学展覧会
  • 1991年 宮城県芸術祭美術館長賞受賞
  • 1994年 日韓陶芸交流展 仙台市・大邸市主催(~1997年)
  • 1995年 宮城県芸術祭知事賞受賞
  • 2000年 NHK衛星2「やきもの探訪」放映
  • 2001年 ローマ県庁「パラッツィオ・バレンティーニ・ギャラリー」展覧会
  • 2003年 イタリア・ペルージャ市にて個展。仙台、第1回藤崎個展(以後毎年開催)
  • 2004年 第66回一水会陶芸展 入選
  • 2005年 宮城県芸術祭成瀬美術館長賞受賞
  • 2007年 19回日本陶芸展入選。イタリア・ローマ市所轄「ボロッメオ宮殿」にて個展
  • 2009年 NHK・BS2「器 夢工房」放映。イタリア・フィレンツェ「コルシーニ宮殿の職人展」('09、'10)
  • 2012年 日本伝統工芸展入選。ReVALUE NIPPON 中田英寿氏取材来訪
  • 2013年 第1回陶美展奨励賞受賞
  • 2014年 東日本伝統工芸展入選、第2回陶美展入賞

岩井純

六華天目釉金彩モザイク紋アンティノー鉢(りっかてんもくゆうきんさいモザイクもんアンティノーはい)

《ANTINOO 特選》

岩井純氏は、天目釉と結晶釉から二重影による濃淡を作り、中心から放射線状に 線刻することにより天空を思わせる釉調を創り出しました。

“アンティノー”とは、ローマ帝国五賢人の一人・ハドリアヌス皇帝(在位紀元117〜138年)が寵愛した美少年〈ANTINOO〉のことで、その美しさが神格化されアンティノー星座として残されています。2007年イタリアのローマでの岩井氏の個展で、主催者のインターナショナル・アンティノー美術財団の理事長ラウラ・モナケーシ女史からこの作品を「アンティノーの星」と銘々されました。“ANTINOO”シリーズとして毎年新しい作品を発表しています。

日常でお使いいただける“器”を厳選しました。ぜひこの機会に、お手元でお楽しみください。

サイズ 径約26.0×高約6.5cm(共箱)
工房 六華窯
価格 86,400円(消費税8%込)
その他

*1点ごとに作品の色合いや柄の出方が異なります。

※在庫状況によって、お届けまでにお時間を頂く場合がございます。ご了承ください。

関連商品