ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

庄村久喜(しょうむら ひさき) 略歴

  • 1974年 庄村健氏の長男として有田に生まれる
  • 1997年 熊本工業大学 (現・崇城大学)工業化学科卒業
  • 1999年 佐賀県立有田窯業大学校卒業。同校の嘱託員として二年間勤務した後、晩香窯にて作陶
  • 2004年 日本伝統工芸展 初入選
  • 2011年 日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞
  • 2013年 西部伝統工芸展 朝日新聞社大賞
  • 2016年 現在形の陶芸 萩大賞展Ⅳ 審査員特別賞
  • 2017年 現代6作家による茶室でみる磁器の現在 [根津美術館(東京)]
  • 「白」の世界を独自に追求し、繊細な白磁に絹のような光沢感を含ませた「白妙磁(しろたえじ)」を開発。
  • 豊かな感性と、誰もやったことのない新たな有田焼へ挑戦する意欲を持ちます。

庄村久喜

「呑器」2個セット

この度の作品は「彩」をテーマに作陶しました。

爪跡を残しリズミカルに律動する陰影を彩らせ、内外に白妙白磁、青白磁を掛け分け全体を彩らせた釉彩呑器。

シンプルな造形に青白磁を掛けた作品ですが、外側には横縞状に白の線をさりげなく彩らせた彩磁呑器。

さりげなく且つ美しく彩られた2種類の作品をお楽しみ下さい。

限定 30セット
サイズ (各)径約8.0×高さ約8.5cm
価格 21,600円(消費税8%込)
その他

共箱

*1点ごとに手づくりの為、作品の色合い、柄の出方、サイズは異なります。ご了承ください。

関連商品