ご購入の流れ

特集記事

トップページ > 特集記事 > ピックアップ特集 > 川瀬巴水「木版画名画選」を発売

川瀬巴水「木版画名画選」を発売

大正・昭和期に活躍した浮世絵師、版画家・川瀬巴水(かわせはすい)は、日本各地を旅し、その美しい風景を叙情豊かに表現し「旅情詩人」などと呼ばれる。終生「夜」「雪」などといった詩情的な風景版画を貫いた。

組紐職人の長男として生まれ、10代から画家を志し日本画を学んでいたが、家業を継ぐため一時画家を断念 。その後、鏑木清方に入門を許され「巴水」の画号を与えられる。同門の伊東深水の版画に影響を受けて版画家に転向するが、関東大震災で被災し多くの写生帖を失いその後日本各地を旅することになる。 1953年文化財保護委員会の委嘱のより、木版画技術記録作成の為「増上寺之雪」が版木、技術記録、その他と共に永久保存される。(無形文化財技術保存記録の作品に選択された)

「巴水版画」は、海外では浮世絵師の葛飾北斎・歌川広重等と並び称される程評価が高く、国内外を問わず今なお人気がある。

 

川瀬 巴水 『 上野東照宮 』

上野東照宮

川瀬 巴水 『 雪の増上寺 』

 

 

 

 

 

雪の増上寺

 

川瀬 巴水 『 芝弁天池 』

 

 

 

 

 

芝弁天池

浜町河岸

浜町河岸