ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

エミール・ガレ(えみーる がれ) 略歴

Emile Gallé (1846-1904)

フランスのガラス工芸家、陶器・家具デザイナー、アートディレクター、企業経営者

父シャルル・ガレ(1818-1902)と母ファニー・レヌメール(1825-1891)との間に、1846年フランス東部のナンシーに生まれる。母親の影響でプロテスタント的環境のなか育つ。1858年から1864年までナンシー帝国リセ(高等中学校)で学び、修辞学、哲学、フランス語、ラテン語といった人文系の学問に優れた成績を修める。植物学にも没頭し、フランスの植物学の権威ドミニク=アレクサンドル・ゴドロンの指導も受けている。1864年バカロレア(大学入学資格)を取得した後、1865年秋から67年1月までドイツのヴァイマールに留学し、ドイツ語や鉱物学を学ぶ。同地でもデッサン教室に通い、リストの弟子であったシュタール姉妹からピアノの個人レッスンを受けている。1866年から67年にかけて、ドイツ国境、マイゼンタールのガラス工場、ビュルグン・シュヴェーラー社で、ガラス制作の実際的な技術を習得。同社は父シャルルが1860年ごろから契約を結んでいた、ガレ家へのガラス供給元であった。1870年の普仏戦争では、義勇軍に志願し、南仏トゥーロンなどに宿営。1877年に父の後を継いで工場管理責任者となる。植物学にも極めて深い造詣があり、ナンシー中央園芸会の創立メンバーとなり、事務局長も務める。ガレは「突然変異」の存在を、ユゴー・ド・フリースが1901年に発表する以前から、ランの交配を通して認識していた数少ない植物学者でもある。1878年、1889年、1900年のパリ万博といった大イヴェントで数多くの賞を獲得し、工芸家として国際的な評価を得る。一連の万博を通して親しんだ日本の文化や美術品はガレの重要な霊感源となった。1884年には家具工房のための敷地をナンシーに購入し、1886年に家具工房が完成。ガラス製造のための本格的な炉がそこに完備するのは遅く、1894年5月のことである。1901年にはロレーヌ地方の芸術家組合「ナンシー派」を創設し、会長に就任。1904年、58歳で白血病によりナンシーで歿。没後、工場は夫人のアンリエットによって経営が続けられている。第一次世界大戦中には製造を中止したが、1918年には娘婿のポール・ペルドリーゼらによって操業が再開される。1931年にはガレ商会は解散、工場の敷地は売却された。

ガラス作品 売約済み

エミール・ガレ

紫陽花文花瓶

日本の鶴首の意匠を取り入れ、アジサイの花をアシッド(酸化腐蝕彫)で浮き彫りにしている。小品でありながら下地の淡いピンク色とモチーフのアジサイが調和し、優しい雰囲気を漂わせている。丸みを帯びたフォルムが愛らしい可憐な作品。

限定 1点限り
サイズ 高さ16.8cm 胴部径8.4cm
価格 518,400円(消費税8%込)
その他

・サイン:胴部に陽刻で《Gallé》

・制作年:1904年-1931年代に考案されたと思われる意匠

・鑑定証:ヨーロッパ美術品鑑定人組合発行(C.E.C.O.A/本部パリ)

関連商品