ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 「伊勢崎晃一朗陶展」が横浜そごう美術画廊にて開催中です

「伊勢崎晃一朗陶展」が横浜そごう美術画廊にて開催中です

備前焼の若手人気陶芸家・伊勢崎晃一朗先生の個展、「伊勢崎晃一朗陶展」がそごう横浜店・美術画廊にて開催中です。4月1日(火)=7日(月)と1週間の会期ですので、どうぞお見逃しなく。

RIMG0069_

広々とした会場内には、茶碗、花器、掛花入、鉢、酒器などが展示されています。

  

RIMG0067_

肥沃な土のような畝文様、現代的ながらどこか古代土器を思わせるフォルムなど、大地のパワーを感じさせる備前作品がお楽しみいただけます。

 RIMG0064_

また「跳器」「stairs」「drops」「土管」など、聞いただけではどんなものかすぐには分からない実験的な、しかし実用的な作品も展示されており、伊勢崎先生ならではの創造性の高さを感じることができます。

 

 

 

 

日経アートでもこれまで、「花器」「黒壷」・「備前 自在呑 二」など伊勢崎先生に特別に制作をお願いした作品を販売してまいりましたが、いずれも好評をいただき、完売しております。特に「備前 自在呑 二」は備前の伝統的な“火襷”と、深い艶で人気の“黒備前”を組みにし、異なる肌合いをお楽しみいただけるお値打ちなセットとあって大変な人気でした。

次回の日経アートオリジナル企画でも、前回同様に“使って楽しむ”作品をご案内する予定です。ホームページでも販売いたしますので、どうぞご期待ください。

 

ちなみに、伊勢崎晃一朗先生のお父様は国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)でいらっしゃる伊勢崎淳先生です。日経アートのために、花生けや壷をご制作いただきました。 ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。