ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 『栄西と建仁寺展』は、5月18日(日)までの開催です。

『栄西と建仁寺展』は、5月18日(日)までの開催です。

現在、東京国立博物館(上野)にて開催中の、開山・栄西禅師800年遠忌特別展「栄西と建仁寺」に行ってきました。

IMG_1271

2014年は、日本に禅宗(臨済宗)を広め、京都最古の禅寺「建仁寺」を開創した栄西禅師(1141=1215)の800年遠忌にあたり、これにあわせ、栄西ならびに建仁寺ゆかりの宝物を一同に集めた展覧会が開催されています。

会場内は、序章「禅宗の茶」にはじまり「栄西の足跡」「建仁寺ゆかりの僧たち」「近世の建仁寺」「建仁寺ゆかりの名宝」の4章に別れ、大変わかりやすく展示されていました。

長谷川等伯、伊藤若冲、曽我蕭白、海北友松などの重要文化財 作品をはじめとした183点が並び、なかでも、琳派の至宝、俵屋宗達の最高傑作「風神雷神図屏風」が5年ぶりに公開されており見事な迫力でした。会場最後でご覧いただけます!

今回の展覧会は、国宝「風神雷神図屏風」を始めとする名品が揃い、見どころの多い展覧会として、20万人を越す多くのお客様が来場されているそうです。残りわずかな開催期間ですが、機会がありましたらぜひお出かけください。

そして、実際にご覧になられた方、また今回はご覧になられなかった方へも、日経アートの「風神雷神」作品をおすすすめいたします。

ぜひこの機会に「琳派の美」をお手元にてお楽しみください。

HP風神雷神1

俵屋宗達「風神雷神」作品

このほか、日経アートでは、建仁寺の法堂天井画として小泉淳作が約2年の歳月をかけ取り組まれた渾身の大作「双龍図」の小下図の一つを、その水墨画の迫力をそのままに銅版画に仕立てました。

小泉淳作・銅版画「双龍」はこちら>>>

こちらは、残念ながら今回の展覧会の会場では展示されていませんでしたが、京都、建仁寺にて毎日公開されており拝観できるようです。

建仁寺ゆかりの名作としてあわせてお楽しみくださいますようご案内いたします。