ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 静岡市美術館『巨匠の眼 川端康成と東山魁夷』展開催中(終了しました)

静岡市美術館『巨匠の眼 川端康成と東山魁夷』展開催中(終了しました)

日本経済新聞社ほか主催の『巨匠の眼 川端康成と東山魁夷』展が6月1日(日)まで静岡市美術館にて開催されています。

日本初のノーベル文学賞受賞者・川端康成と、戦後を代表する日本画家・東山魁夷。二人は川端の本の装丁を東山が手がけたことを機に深い親交を結び、東山は川端の本のために挿絵や装画をたびたび描き、また川端は東山の画集に心のこもった序文を寄せるなどして二人の交流はお互いの創作にも深く関わっていたそうです。

二人の巨匠が追い求めた美の世界を、収集された美術品や東山作品そして残された文章やことばとともに紹介された展覧会です。

今回の展覧会では、ノーベル賞受賞を記念して画家本人から贈られた『北山初雪』も展示されています。

ぜひお近くへお出かけの際はご覧になってみてください。

日経アートの新木版複製画『北山初雪』作品はこちら>>>

額装北山初雪