ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 十五代樂吉左衛門先生宅訪問

十五代樂吉左衛門先生宅訪問

 

先日、京都の樂吉左衛門先生のお宅にお邪魔してきました。

お客様から樂先生の茶碗のご注文をいただき、特別に作っていただいたので

その作品をいただきにあがりました。

 

今秋、滋賀県の佐川美術館で開催予定の展覧会準備のため先生はご不在で

残念ながらお目にかかることはできませんでしたが、

奥様である扶二子さんがご対応くださいました。

 

扶二子夫人は、まさに先生のマネージャーであり樂美術館の広報のような方です。

お目にかかるたびに先生のご活動についてはもちろんのこと、

美術館の展覧会概要やイベントについてとても熱心にお話しくださいます。

樂家を、そして樂美術館を心から愛し、本当に大切に思っていらっしゃる方です。

 

樂家は約450年の歴史があります。

美術館では、その年月を存分に堪能できる素晴らしい作品を拝見することができます。

しかし決して“観る”だけではなく、その歴史を肌で感じることのできるイベントも

定期的に開催しています。

http://www.raku-yaki.or.jp/museum/special_program.html

 

心が落ち着くとても素晴らしい美術館です。

ぜひ一度お出かけになられてみてください。