ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 『人間国宝二人展』-やきものとおりもの 鈴木蔵・北村武資-に行ってきました。

『人間国宝二人展』-やきものとおりもの 鈴木蔵・北村武資-に行ってきました。

銀座の和光で16日から開催されている『人間国宝二人展』に行ってきました。

陶芸家の鈴木蔵先生と染織作家の北村武資先生という、分野の違う二名の重要無形文化財保持者(人間国宝)の展覧会です。

広い会場にはお二人の作品が多数展示されており、陶芸と織の世界が見事に調和されていて、とても見ごたえのある内容です。

 

日経アートと鈴木先生とは30年来のお付き合いで、現在までに何作も日経アートオリジナルの作品を企画、発表させていただいております。

 

鈴木蔵先生と茶碗

鈴木蔵先生と茶碗

 

作品の点数が少ないことでも知られている鈴木蔵先生の、その貴重な作品が30数点展覧できます。

やはり茶碗の素晴らしさは言うまでもありません。いずれの作品も力強い造形で圧巻です。

 

会場には茶碗のほかぐい呑みや向付、銘々皿などの器類も出品されていました。

ぜひお出かけください。25日(日)まで開催されています。

 

鈴木蔵先生の大皿作品 ※作品撮影は禁止されていますが、特別に許可をいただいて撮影しました。

鈴木蔵先生の大皿作品
※作品撮影は禁止されていますが、特別に許
可をいただいて撮影しました。

 

 

『人間国宝二人展』-やきものとおりもの 鈴木蔵・北村武資-

 

日経アートオリジナル作品   鈴木蔵『志野大皿― “笹文” “樹木文” “幾何学文”

 

なお、上記日経アートオリジナルの大皿以外の鈴木蔵先生の作品(茶碗、ぐい呑みなど)についてご興味をお持ちの方は是非ご相談ください。

ご連絡はこちらまで→ art@nikkei-ps.co.jp  ※鈴木蔵作品担当者宛にお願いいたします。