ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 『没後20年 ルーシー・リー展』図録販売開始!GWは笠間へ!

『没後20年 ルーシー・リー展』図録販売開始!GWは笠間へ!

ロンドンを拠点に活動した女性陶芸家、ルーシー・リーは2015年で没後15年を迎えます。
日本経済新聞社ほか主催『没後20年 ルーシー・リー展』は、モダンで洗練されたフォルムに色彩感覚に優れた作品の数々を揃え、ルーシー・リーの足跡を辿る大規模な回顧展となっています。

 

●展覧会公式ホームページ
●巡回スケジュール
2015年4月11日(土)- 6月21日(日)茨城県陶芸美術館
2015年7月7日(火)- 8月30日(日)千葉市美術館
2015年10月31日(土)- 12月24日(木)姫路市立美術館
2016年1月16日(土)- 3月21日(月・祝)郡山市立美術館
2016年4月9日(土)- 5月29日(日)静岡市美術館

 

展覧会の開催に合わせ、『没後20年 ルーシー・リー展』の図録を販売開始いたしました!
図録lucieriejpg
他にはない心ときめく作品が、それぞれとても美しく撮影された写真がズラリ掲載。
詳しい解説もついていますので、ぜひ展覧会にお出掛けの前の予習としてご覧ください。
きっと実物を間近に見たい衝動に駆られることでしょう…

 

なお、現在開催中の茨城展は特に陶芸好きの方にオススメです!
茨城県陶芸美術館は、陶芸専門の美術館ですのでルーシー・リー展をご覧になられると、
コレクション展も合わせてご覧いただけます。
会期中は『近現代日本陶芸の巨匠たち』で、板谷波山・文化勲章受章者と人間国宝たち・松井康成の
3コーナーが設けられていますので、こちらも忘れずにお立ち寄りください。

そしてさらにもう一つ忘れないでいただきたいお得情報がございます!
茨城県陶芸美術館のホームページにアクセスしていただき、『入館料割引券』を印刷して受付へ持参すると、
なんと4名様まで団体料金でご覧いただけます。(他の割引券との併用は不可)
ルーシー・リー展は企画展ですので、通常一般820円のところ670円で観覧いただけるようになります。
画面の提示ではなく、印刷していただく必要がありますのでお出掛けの前にご用意くださいね。

さらにさらに、ゴールデンウィーク中はより一層盛り上がる茨城・笠間!
4月29日(水・祝)?5月5日(火・祝)は、 第34回 笠間の陶炎祭(ひまつり)が開催されます。
200軒以上の陶芸家・窯元・地元販売店さんなどが集う一大イベントです。
路面での販売はもちろん、飲食店の屋台や大人から子供まで楽しめるイベントもありますので、
ゴールデンウィークは家族揃って陶芸を楽しむのはいかがでしょうか?

 

また、今回は数量限定で大好評だった2010年のルーシー・リー展図録と合わせてご購入いただくと
500円引きになる特別セットもご用意しました!
準備数に達し次第、終了となりますので完売の際はご容赦ください。
図録lucierieset
2010年版2,500円+2015年版2,500円+送料900円(代引手数料・梱包料込み)で5,900円のところ、
500円オフの5,400円でご用意しております。 【※完売いたしました】

 

ちなみに、2010年版は「第52回全国カタログ・ポスター展」で日本商工会議所会頭賞を受賞しています。
2015年版も同じ質感のハードカバーで、サイズもほぼ同じとなっております。
書斎はもちろん、リビングなどの棚に見えるように立てかけてもオシャレですね。

この春は、ルーシー・リーの世界を、図録で、会場で、心ゆくまでお楽しみいただける絶好の機会です!