ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 十五代樂吉左衞門先生の展覧会がロシアのエルミタージュ美術館で開催中です。

十五代樂吉左衞門先生の展覧会がロシアのエルミタージュ美術館で開催中です。

国際交流基金と樂美術館主催により、樂焼き450年の粋を集めた大規模な展覧会、

『樂・茶碗の中の宇宙』展が7月11日よりロシアのサンクトペテルブルグで開催されています。

会場はロシアが世界に誇るエルミタージュ美術館です。

樂美術館蔵品を中心に、茶道の表千家、裏千家、また頴川(えがわ)美術館や文化庁などからの作品170点余りを展示する大規模な海外展です。

重要文化財である初代長次郎「二彩獅子」(樂美術館蔵)、「黒樂茶碗 銘ムキ栗」(文化庁蔵)、「赤樂茶碗 銘無一物」(頴川美術館蔵)などの名品が一同に展示されています。

樂歴代の作品、本阿弥光悦の作品に加え当代(十五代)樂吉左衞門氏のさまざまな作家活動も紹介されています。また十六代樂篤人氏の作品が日本国内での発表に先駆けて海外で初お披露目中です。

『樂・茶碗の中の宇宙』展

2015年7月11日(土)?9月6日(日)

エルミタージュ美術館(ロシア・サンクトペテルブルグ)

↓↓↓

http://www.raku-yaki.or.jp/kichizaemon/index.html

 

この展覧会を十五代樂吉左衞門氏の解説で鑑賞するツアーがございます。ご興味のある方はぜひご参加ください。

?日経“美の美”の旅  2015年9月4日(金)出発

『麗しきロシアの旅 サンクトペテルブルグとモスクワ 7日間』 

(旅行企画・実施:㈱日経カルチャー)

 

■日経アートでは、物故の著名作家をはじめ現在活躍中の人間国宝や有名作家ら21名の作品約60点を

掲載した『日経アートの陶磁器特選 Vol.2』を無料でお送りしています。

茶碗や花器など陶磁器にご興味のある方は、ぜひカタログをご請求ください。