ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > クロード・モネが晩年に過ごしたフランス・ジベルニーに行って来ました。

クロード・モネが晩年に過ごしたフランス・ジベルニーに行って来ました。

印象派絵画を代表する画家クロード・モネが晩年に過ごしたパリ郊外のジベルニー村に行って来ました。睡蓮の画家としても有名なモネは、今もそのまま残っているこの家で睡蓮を生涯描き続けました。

ちょうど睡蓮も咲き始め、庭にはたくさんの花が見ごろとなっています。

DSCN0678

DSCN0676DSCN0682

DSCN0688

DSCN0704

 

 

 

 

毎日10人程の庭師さんが手入れをしているそうです。

 

 

 

 

 

モネは、浮世絵の収集家としても有名で、家の中にはたくさんの浮世絵が飾られています。(今年から、フラッシュを当てなければ写真を撮ってもいいことになりました。)

DSCN0707

DSCN0711DSCN0705

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮世絵に影響された作品も多く歌川広重の『名所江戸百景』からヒントを得た構図もたくさんあります。

日経アートでは、モネの睡蓮や、広重の「名所江戸百景」の中の作品を取り扱っております。