ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 『森田りえ子展』開催中です。〈終了しました〉

『森田りえ子展』開催中です。〈終了しました〉

10月21日(水)-27日(火)1週間、日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊( 東京都中央区日本橋室町1-4-1)にて開催中の「森田りえ子展 KAWAII・GITAI」に行って参りました。

IMG_2880

初日の今日は、大勢のお客様とお祝いの花でにぎわう会場に、美しい白の和服姿の森田先生がお出迎えくださいました。兵庫県でお生まれになり京都市立芸術大学をご卒業、現在は京都市立芸術大学客員教授としてもご活躍されている森田先生の「KAWAIIシリーズ」の新作15点を中心に、折々の季節を華やかに描き上げた作品を加えた展覧会となっています。

sakuhinse-ra-

 

 

 

 

 

 

「フジサン雪・月・花」「ニッポン」「アリス」「ミューズ」「デヴィル」「キューピッド」などわくわくするようなタイトルがつけられた“かわいい”女性像が、今にも作品から飛び出してきそうな心弾む作品です。

森田先生と一緒に撮影させていただいた作品「フルーツ」は帽子がメロン、スカートがスイカ・・となんとも“カワイイ”が画面いっぱいにちりばめられています。

「最後に描いたのがスイカの種」との先生のお話にまた何度も見入ってしまいます。

moritarieko

森田先生と同じく関西出身の女性日本画家、小倉遊亀先生が100歳を過ぎて描かれた『マンゴウ』という作品がありますが、「その“白いアミ”がついたままのマンゴーの絵のパロディなのよ」と気さくにエピソードを話してくださる森田先生はとても“KAWAII”方です。

25日にはギャラリートークも開催予定ですので、ぜひそんな楽しいお話を聞きにお出かけになってはいかがでしょうか。

mitukoshi

◆同フロアの美術サロンでは「森田りえ子 2016年 カレンダー原画展」も同時開催されていました。美しい季節の花々が色鮮やかな森田先生のカレンダーは、自分用にも贈り物にもそろえておきたいですね。

日経アートでお取扱い中の森田りえ子先生の作品はこちら>>>