ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 岩井純氏の工房・六華窯に行ってきました

岩井純氏の工房・六華窯に行ってきました

仙台在住の陶芸家・岩井純氏の工房を訪問しました。仙山線の愛子駅から車で15分ほどの大自然の中に工房はあります。

DSCN1011DSCN0976

家の周辺には、きつねや熊が現れたりするそうですが日常的なことなので少しも気にならないそうです。

工房の窓からも雄大な景色が眺められ、静かな気持ちで作陶できるそうです。

DSCN0975DSCN1003DSCN1004DSCN1005

先生の作品シリーズである“アンティノー”は星座から由来していますが、工房からは北斗七星などのたくさんの星が手に取るように見られるとのこと。夜空やそこに輝く星をイメージさせる先生の美しい作品は、まさにこの工房から生まれています。

毎年、地元仙台で個展を開いたり、韓国の陶芸家の方々とグループ展を行ったり、また昨年は震災で被災し2012年に新しくなった「夢メッセMIYAGI」にて「2015 第4回全国やきものフェアー in みやぎ 岩井純 作陶特別展」を開催したりと先生は精力的に活動されています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

定番の作品の他、個展のたびに新作を発表しています。(昨年発表した作品の一例)

DSCN0984DSCN0988DSCN1024DSCN0981

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先生の器は、日本食の料理屋さんやお茶会の時の汲出碗に使われています。

DSCN1018

DSCN0996

日経アートでも、岩井純氏の作品を取り扱っています。こちらをご覧ください。