ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 錦山窯を訪問しました。

錦山窯を訪問しました。

6月某日、石川県小松市にある錦山窯を訪ねました。

1906年に初代・吉田庄作氏が開窯して今年で110年、歴史と趣を感じる佇まいです。

IMG_4369その日は、運命的にも(?!)50年以上愛用された窯を交換する歴史的光景を目にすることができました。

IMG_0072

そして、作品制作中の吉田美統先生(国指定重要無形文化財保持者)にお会いすることができました。

美統先生は、まもなく(7月7日!)84歳のお誕生日を迎えられますがとてもお元気で、笑顔で迎えてくださいました。

 

IMG_0059

『伝統とは、常に時代に合った新しいものをつけ足し、積み重ねていくことである』とのお言葉通り、

工房の2Fはとてもモダンなギャラリーになっています。

美統先生の作品だけでなく、長男で錦山窯の代表を務められる幸央(ゆきお)先生、奥様・るみこさん、

次男でデザイナーの守孝氏が手掛けた意匠の作品の数々がそれぞれの輝きを放って展示されています。

確かな技術により受け継がれてきた九谷焼の伝統をさらに次の世代へ新しい形で伝えていく・・

今の時代に即した伝統工芸品が、錦山窯を訪れる人や作品を手に取る人たちに

新鮮な気持ちを抱かせてくれます。

IMG_0053

IMG_0046IMG_0051IMG_0038IMG_0040IMG_0033

吉田幸央先生ご夫妻の朗らかなお人柄もあり、和やかな雰囲気の中1時間半ほど窯元に滞在しました。

また近いうちにお訪ねしてじっくりと新作を堪能したいと思いながら錦山窯を後にしました。

IMG_0032

 

 

吉田美統先生による日経アートオリジナル作品を販売しています。

作品はこちら