ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > ホテル椿山荘東京・藤田展 会場展示の様子(画像追加しました)<終了しました>

ホテル椿山荘東京・藤田展 会場展示の様子(画像追加しました)<終了しました>

三連休の初日、ホテル椿山荘東京の玄関先の桜はすでにほころび始めていました。

3/17(金)から開催中の

-世界を魅了したパリの作家たち-
『藤田嗣治とパリを愛した作家たち展』 の会場も賑わいを見せ始めています。

連休は渋滞や混雑を避けてお過ごしになられたいみなさま、ぜひお散歩がてらゆっくりと芸術鑑賞にお出かけください。

img_5227.jpgimg_5227.jpg

会場入ってすぐ、戦後パリを中心に活躍したビュッフェの人気作品や、カトランの花の作品が賑やかに迎えてくれます。

img_5227.jpg   img_5227.jpg

藤田嗣治の肉筆画 『リボンの少女』(鉛筆、紙、東京美術倶楽部鑑定証)↓↓↓

img_5227.jpg

ほどよい広さの落ち着いた雰囲気の会場では版画のレゾネなどもご覧いただけてゆっくりとご鑑賞いただけます。

会場奥でひときわ鮮やかな色彩で目を引くのが、2015年国立新美術館で開催され大変好評だったニキ・ド・サンファルの作品。

img_5227.jpg

やはり戦後を代表するフランス生まれの美術家のひとりです。

少女時代を過ごしたアメリカや母国フランスの抽象絵画に影響を受けるなど独自のスタイルを作り上げ、海外での人気は大変高いようです。

このほかシャガール、ピカソ、デュフィなど、藤田と同時代にパリで活躍した20世紀の巨匠らの版画作品も展示販売しております。

入場は無料です。4月2日(日)まで開催しておりますが、希少な作品ばかりですので、ぜひお早めにおでかけください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。