ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 「炎と筆の競演2017」兵庫県立美術館にて開催<終了しました>

「炎と筆の競演2017」兵庫県立美術館にて開催<終了しました>

本日より兵庫県立美術館にて 「炎と筆の競演-中国磁州窯と日本陶藝の交流、そして未来へ繋ぐものの展示会-」が開催されています。

兵庫県美会場.jpg

  日中国交正常化45周年認定事業

   『炎と筆の競演2017

      ―中国磁州窯と日本陶藝の交流、そして未来へ繋ぐものの展示会―              

 会期:平成29年 45日(水)-16日(日)〈10日(月)休館 ※入場無料

     10時-18時(入場時間1730分まで/最終日は14時終了)

  会場:兵庫県立美術館 ギャラリー棟3階南側

 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通111[HAT神戸内] TEL:078(262)0901

 

 主催:一般社団法人 日本デザイン・陶藝研究協会

 後援:外務省、中国大阪総領事館、兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、(公財)兵庫県芸術文化協会、㈱日経プラザ&サービス(日経アート)

  *******************************************************************************    

 展覧会案内 → http://www.artm.pref.hyogo.jp/news/press/pdf/press_y170309.pdf(兵庫県立美術館イベントページより)

日本の陶芸界の重鎮、井上萬二氏、鈴木藏氏の両人間国宝の作品や化粧品の広告で一躍有名になった 鶴田一郎氏の本画作品や、中国の河北省南部の甘鄲市にある景徳鎮のルーツでもある磁州窯の現代国宝級の陶芸家の作品などが出品されています。 さらに磁州の貴重な古陶器のほか次世代を担う日本の若手陶芸家の作品も展示し、日中の芸術性高い作品を通じて文化交流を深め未来へつなげていく展覧会です。

お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください♪