ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 「御射鹿池」(みしゃかいけ)に行ってきました。

「御射鹿池」(みしゃかいけ)に行ってきました。

戦後日本を代表する日本画の大家・東山魁夷の代表作のひとつである『緑響く』のモチーフになった場所、長野県茅野市にある「御射鹿池」に行ってきました。

木々の緑が鏡のように水面に写りこむ様は、神秘的で人々を魅了します。

 

 

梅雨空に煙る「御射鹿池」は、本当に白馬が現れるのではないかと思うくらい幻想的な場所でした。夏になると緑もさらに濃くなるでしょうし、四季を通して色々な趣があると思います。

池の名前は、この地域が神に捧げる御狩場であったことと、牝鹿を射る神事があったことに由来すると伝えられています。

テレビCMや地域のPRパンフレットに取り上げられるほど、注目度がアップしています。                                          ぜひ一度、東山ワールドを体感してみてはいかがでしょうか。

 

《日経アートでは、東山魁夷作品を取り扱っております》

*作品は、こちらです。