ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」に行ってきました♪

「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」に行ってきました♪

20190208_162659.jpg

 上野の東京都美術館で開催中の「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」に行ってきました。

 1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づき、岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳、白隠慧鶴、鈴木其一ら8名の作品が、代表作から新しく発見されたものまで一堂に会した見ごたえある展覧会でした。

 会場へ入るとすぐ、伊藤若冲の迫力ある「象と鯨図屏風」から始まり、若冲が得意の鶏が墨一色で描かれたものや、「拓版画」と呼ばれる珍しい技法で制作された長編の絵巻などが展示されています。

そこから展覧会図録の表紙にもなっている「群仙図屏風」などを描いた曽我蕭白の作品へ続きます。まるで現代アートの様な”かっこいい”ビビッドな色使いはまさに「江戸時代の奇想」です。

その後、私が今回の展示のなかで一番じっくりと眺めてしまった長沢芦雪の「群猿図襖」や(淡い墨で描かれた猿の毛が、近くでみると触れそうなほどフワフワです)、鈴木其一がひとつの画面に異なる季節を描いた金箔張りの豪華な屏風、歌川国芳の洒落のきいた浮世絵などが順に展示され、あっという間に二時間が経ってしまいました。

 毎週金曜日は開館時間が20:00まで延長され、夕方からでもじっくりと作品を観覧できます。夜の上野公園はライトアップされていて、昼間とはまた違った雰囲気も楽しめました。時を超えてもなお最先端を行く鬼才たちのミラクルワールドをご覧に、ぜひお出かけください。

 

『奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド』

 会期  2019年2月9日(土)- 4月7日(日)*2/11、4/1以外の月曜日と2/12は休館

開場時間 9:30-17:30(金曜日は20:00まで) *入館は閉館の30分前まで

 会場  東京都美術館(上野)

《詳しくは展覧会公式ホームページをご確認ください》

------

日経アートでも取り扱いの 伊藤若冲「旭日雄鶏図」も展示されていました!