ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

小谷野直己(こやの なおき) 略歴

  • 1963年 埼玉県狭山市に生まれる
  • 1988年 東京藝術大学日本画科卒業
  • 1992年 神奈川県展・特別奨励賞受賞
  • 1998年 外務省・自治省作品買上
  • 2000年 秋の院展初出品入選
  • 2003年 日本美術院院友推挙となる
  • 現在 各地で個展・グループ展を開催

日本美術の特長は四季をめぐる自然美に花鳥風月の機微をとらえ、その姿を絵画や意匠に象徴的に表現するところにあります。

400年続いた琳派の系譜を踏襲しつつ、さらに千年先まで発展し続ける琳派の現在を担って立つ小谷野直己が、日本の美の感覚を連想させる「雪月花」の語に惹かれてインスピレーションを展開させた作品です。

背景の金色とは別に、山の緑の部分では群青を着彩した上に貼った金箔をあえて擦り落としてグラデーションを生み出す手法「こすり出し」を駆使しています。

限定 本画につき一点限り
画面寸法 37.5×45.0cm
額(軸)寸法 55.0×62.5cm
価格 604,800円(消費税8%込)
その他

関連商品