ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

堅山南風(かたやま なんぷう) 略歴

1887年熊本県生まれ。幼少の頃両親が相次いで亡くなり、苦学しながら絵画の勉強をする。
23歳で上京、日本画家・高橋広湖の門下生になる。
1912年の文展で「霜月頃」が2等に入選。この頃から横山大観に師事し、再興日本美術院にて次々と秀作を発表。
1958年、日本芸術院会員。
1968年、文化勲章受章。
主な作品に、中尊寺五大堂天井画「瑞祥龍」「春瀬」「霜月頃」、日光山輪王寺薬師寺堂天井画「鳴龍」など。
1980年、93歳で逝去。

堅山南風

素描画『シロカブ』

昭和を代表する日本画家で文化勲章受章者の堅山南風。

描きこまれた本格的な日本画のほかに、繊細な草花や野菜などを岩絵具を使って素描した作品も残しています。

南風の写生へのこだわりがみてとれる大変貴重な作品です。

版種 素描画
限定 1点
画面寸法 27.7×40.5cm
額(軸)寸法 47.0×60.5cm
用紙 和紙
価格 156,600円(消費税8%込)
その他

・画面内に「南風」の落款
・額裏に監修者(南風の娘)堅山壽子氏によるサイン・落款入りの奥付を貼付

関連商品