ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

田原桂一(たはら けいいち) 略歴

1951年 京都府生まれ
写真家である祖父の影響から、中学時代に写真の技術を習得。照明と映像を担当し参加した劇団のヨーロッパ公演に同行し1971年渡仏。そこで出会ったヨーロッパの刺すような鋭い光に衝撃を受けパリにとどまり写真家として活動を始める。1973年から最初のシリーズ「都市」(1973-1974)、「窓」(1973-1981)の制作を開始。パリ国立図書館を始めとする展覧会にて作品を発表し、衝撃的なデビューを飾った。その後、「顔貌」(1978-1987)、「エクラ」(1979-1983)、「ポラロイド」(1984年)などのシリーズを発表。アムステルダム市立美術館、ポンピドゥー国立現代美術館、フランス国立写真センター、ベルギー国立美術館など、フランス国内外の展覧会で発表し、世界的な評価を定着させた。また、《光》を探究する延長で彫刻や建築とのコラボレーションを行い光の表現領域を拡大。さらにブランディングコンサルタントとして主にダンヒル、カルティエ、ドン・ペリニヨンなど数多くの広告、企画を手掛けた。2004年に東京都庭園美術館で回顧展『田原桂一 光の彫刻』を開催。2015年フランス・リヨンにて「Les mains」シリーズ発表。近年の主な活動にパリ・ヨーロッパ写真美術館での回顧展『SCULPTEUR DE LUMIÈRE』(2014)、チェコ・プラハ国立美術館でダンサー の田中泯を撮影した作品群からなる『Photosynthesis1978-1980』(2017)、同シリーズ日本初公開となる『田原桂一「光合成」with 田中泯』(2017)が原美術館にて開催された。2017年6月没。

◆主な受賞歴
アルル国際写真フェスティバル大賞(1977年、フランス)
フランス写真批評家賞(1978年、フランス)
第10回木村伊兵衛賞(1985年、日本)
ニエプス賞(1988年、フランス)
芸術文化勲章シュヴァリエ(1993年、フランス)

田原桂一は『光』を探求し、そしてこだわって作品を撮った。それはまさに写真=photograph(photoには“光の”という意味もある)の原点である。田原が2015年に発表した『Les mains』シリーズは、“赤ちゃんの手”を通して人々の平和や幸せ、無差別を伝えている。『光』という原点を追及した田原が、同様に人類の本来のあるべき姿をこの作品で表現しているのだ。

版種 アーカイバルピグメントプリント(インクジェット)
限定 50部
画面寸法 縦40.8×横30.0cm
額(軸)寸法 縦90.0×横68.0cm
価格 270,000円(消費税8%込)
その他

●右下:スタンプサイン / 左下:エディション番号

関連商品