ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

加山又造(かやま またぞう) 略歴

  • 1927年 京都府の西陣に染織図案家の子として生まれる
  • 1949年 京都市立美術工芸高校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)から東京美術学校日本画科(現・東京藝術大学)に進み、東京藝術大学を卒業。山本丘人に師事
  • 1956年 53年から新制作展に出展し、3年連続して新作家賞を受賞。新制作協会会員となる
  • 1958年 第2回グッゲンハイム国際美術展に出品
  • 1973年 第5回日本芸術大賞受賞
  • 1974年 創画会創立に加わり会員となる
  • 1984年 山梨県・身延山久遠寺大本堂に天井画「墨龍」と水鳴楼の襖絵完成
  • 1988年 東京藝術大学教授就任。「千羽鶴」完成。「龍図」(光記念館所蔵)完成
  • 1995年 東京藝術大学名誉教授就任
  • 1997年 京都市・天龍寺法堂に天井画「雲龍図」完成。同年文化功労者として顕彰
  • 2001年 「白雪ノ嶺」完成
  • 2003年 文化勲章を受章
  • 2004年 4月6日死去(享年76)

この「千羽鶴」の原画は1988年に制作された、縦155横639センチメートルの超大作です。「畝る波濤を越え、上下しながら、右肩上がりで舞う千羽鶴」の縁起の良い絵柄は、様々な困難に立ち向かい、それを乗り越え、発展を遂げていく姿になぞらえています。

版種 陶板画
限定 100部
画面寸法 縦30.8×横127.0cm
額(軸)寸法 縦45.8×横142.0cm
価格 3,000,000円(消費税8%込)
その他

※作品の裏面にエディション番号と著作権者の承認印の押された奥付シールを貼付。

関連商品