ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

グスタフ・クリムト(ぐすたふ・くりむと) 略歴

  • 1862年 ウィーン近郊のバウムガルテンに生まれる。
  • 1876年 博物館付属工芸学校に入学。
  • 学校卒業後、芸術家商会を設立し、劇場装飾で高い評価を受けた
  • 1891年 クンストラーハウス(ウィーン美術家組合)に加入した
  • 1897年 保守的なウィーン美術家組合を脱退しウィーン分離派を設立し初代代表となる。ウィーン分離派でも、フランス、ベルギーが中心地であったアール・ヌーヴォー様式が花開いた。
  • 1905年 ウィーン分離派を脱退
  • 1906年 オーストリア芸術家連盟を結成 。この頃、上流階級の婦人たちの肖像画を多く手がけた
  • 1918年 ウィーンにて歿。

グスタフ・クリムト

ヒマワリの咲く農家の庭

クリムトが遺した多くの静謐な風景作品の中でも、本作は特に華麗でクリムトの装飾的美的センスを遺憾なく発揮した名作だといえます。画面いっぱいに湧きあがる瑞々しい花々にあたたかく包みこまれる感覚は、まさに極上のくつろぎといえるでしょう。煌めく生気を与えてくれる百花繚乱の「色彩のシンフォニー」をお楽しみください。

版種 彩美版®シルクスクリーン手刷り
限定 200部
画面寸法 49.0×49.0cm
額(軸)寸法 62.5×62.5×厚さ3.0cm
重量 約3.3kg
価格 124,200円(消費税8%込)
その他

■ 監修:千足伸行(美術史家/成城大学名誉教授・広島県立美術館館長) ■ 原画所蔵:ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)

関連商品