ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

速水御舟(はやみ ぎょしゅう) 略歴

  • 1894年 東京浅草に質屋を営む蒔田良三郎、いとの次男として生まれる。本名栄一。
  • 1908年 蒔田家の近くのあった松本楓湖の安雅堂に入門する。
  • 1909年 師楓湖から禾湖の号を受ける。母方の祖母、速水きくの養子となる。
  • 1914年 徴兵検査の為帰京。これを機に、速水姓を名乗る。今村紫紅を中心に牛田鶴村、小茂田青樹らと赤曜会を結成する。
  • 1917年 第4回院展に「洛外六題」を出品し、横山大観、下村観山らの激賞を受け、同人に推挙される。
  • 1930年 イタリア政府からオクイシェー・クーロンヌ勲章を受ける。
  • 1932年 ドイツ政府から赤十字二等名誉勲章を受ける。
  • 1935年 腸チフスにかかり死去。
  • 1977年 「炎舞」「名樹散椿」が国の重要文化財に指定される。

いま開いたばかりの朝顔の蔓にとんぼが羽を休めて朝露を吸う風情は夏の朝の一瞬の場景で、写実主義に徹した画風で日本画に新しい形式を創造した天才画家御舟ならではの特徴の良く出た作品です。

版種 コロタイプ版画・手彩色
画面寸法 縦26×横35cm
額(軸)寸法 縦46×横55cm
用紙 本絹本
価格 97,200円(消費税8%込)
その他

●額:特製女桑縁洋額仕立
●付属品:黄袋・タトウ箱

関連商品