横山大観『明けゆく日本(額装)』 | 特殊美術印刷 | 日経アート
ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

横山大観(よこやまたいかん) 略歴

  • 1868年 茨城県に生まれる
  • 1893年 東京美術学校卒業
  • 1898年 日本美術院創立に参加
  • 1914年 下村観山らと日本美術院を再興
  • 1930年 イタリアに美術使節として出発
  • 1935年 帝国美術院会員となる
  • 1937年 第1回文化勲章を受章
  • 1958年 逝去。享年89

横山大観

明けゆく日本(額装)

金泥で描かれた白雪の壮麗な富士と幾重に重なる神々しい瑞雲、墨で描かれた前景の風格ある岩肌と老松、世界に飛躍する日本の姿を金彩と墨で見事にうつし出した、巨匠・大観の晩年の最高傑作。復刻の困難な墨の濃淡までも見事に再現した絹本に手彩色仕上げの逸品です。

版種 巧藝画(アートコロタイプ、手彩色仕上げ)
画面寸法 約40cm×53cm
額(軸)寸法 約58cm×71cm
用紙 正絹二丁樋
価格 129,600円(消費税8%込)
その他

横山大観記念館発行の監修保証シールを額裏面に貼付

※軸装も承ります。

関連商品