ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

後藤純男(ごとう すみお) 略歴

  • 1930年 千葉県東葛飾郡に生まれる。
  • 1946年 山本丘人に師事。後に田中青坪に師事。
  • 1974年 日本美術院同人に推挙。
  • 1976年 再興第61回院展で「仲秋」が文部大臣賞受賞。
  • 1997年 北海道上富良野町「後藤純男美術館」開館。
  • 2001年 中国の西安美術学院研究棟内に「後藤純男工作室」が落成。
  • 2006年 春の叙勲で旭日小綬章を受章。
  • 2016年 日本芸術院賞・恩賜賞受賞。
  •      10月に逝去。享年87。

描いたのは、画家自身の心に宿る理想の寺――

多くの名刹を描いた後藤純男画伯の

真骨頂ともいえる、麗らかな春の名作。

 

『大胆な遠近法が試みられた「行く春大和」には、決して順風満帆とは言えない道を歩んできた、画家自身の葛藤から導き出された祈りの心がある。それは、画家が自らに問いかけ紡ぎ出された、画家独自の揺ぎ無い美の世界である。

精神的裏打ちを得た美の世界は、桜を描いて尚、甘やかに華やかになることなく重厚感が漂う。

美しい日本の四季を見つめてきた画家の視線には、温かさと静寂がある。

散りゆく桜が、季節の移ろいを告げる。今年もまた春が過ぎて行く。』

行定 俊文(後藤純男美術館 館長)

※付属解説書より抜粋

版種 彩美版(R)、シルクスクリーン手刷り、本金泥を使用
限定 500部
画面寸法 41.0×60.0cm
額(軸)寸法 62.5×81.0cm
重量 6.0kg
用紙 かきた
価格 259,200円(消費税8%込)
その他

額縁:特製木製額金泥仕上げ

付属品:黄布袋、吊紐

証明:監修者による承認印を奥付に押印

額裏に監修者による承認印・限定番号が入れられた奥付シールが貼られています。

解説:行定俊文(後藤純男美術館館長)

原画所蔵、監修:後藤純男美術館

関連商品