ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

六代目 片岡愛之助(かたおかあいのすけ) 略歴

  • 歌舞伎役者、屋号は松嶋屋
  • 1972年3月 大阪府堺市生まれ。
  • 1981年 十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、南座『勧進帳』の太刀持で片岡千代丸を名のり初舞台。
  • 1992年 片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目片岡愛之助を襲名。
  • 2005年 日本映画批評家大賞主演男優賞受賞
  • 2008年 上方舞楳茂都流四代目家元を継承し、三代目楳茂都扇性(うめもとせんしょう)を襲名。
  • 2011年 第21回日本映画批評家大賞 助演男優賞受賞
  • 2012年 おおさかシネマフェスティバル2012 助演男優賞受賞
  • 2013年 愛之助主演の通し狂言「夏祭浪花鑑」(大阪松竹座)が第68回文化庁芸術祭演劇部門優秀賞受賞
  • 2014年 第43回ベストドレッサー賞学術・文化部門受賞
  • *テレビ・映画・舞台など幅広い分野でも活躍中。

六代目 片岡愛之助

『隈 取』 KUMADORI ART

この度、六代目片岡愛之助丈の隈取りをアート作品にして発売いたします。

今回の作品は、平成26年11月に愛之助丈が兵庫県豊岡市出石町にある永楽館で演じた『神の鳥(こうのとり)』の際の隈取りを元に制作いたしました。「永楽館歌舞伎」は、永楽館の復原工事が終了した平成20年より愛之助丈が毎年公演を行っており、本人にとっても大変思い入れのある舞台です。

この『神の鳥』は地元出石町を題材とした新作舞踊劇です。今回の作品の販売にあたり「大変お世話になっている兵庫県に恩返しをしたい」との愛之助丈の希望により、収益の一部を日本経済新聞社を通じて『京都府・兵庫県丹波市豪雨災害義援金』に寄付をさせていただきます。

次世代の歌舞伎界を担う片岡愛之助丈と日経アートの大変貴重なコラボレート作品です。お手元にてお楽しみいただけましたら幸いです。

日経アート

版種 ジグレー
限定 300部
画面寸法 縦31.2×横31.2cm
額(軸)寸法 縦45.7×横45.7cm
用紙 ジャーマンエッチング
価格 54,000円(消費税8%込)
その他

監修:片岡愛之助

署名:画面上に本人直筆サイン・印

エディション番号入り

 

*元になった隈取は、平成26年11月に出石永楽館で上演した「神の鳥」の際のものです。

 

※片岡愛之助氏の希望により、収益の一部を日本経済新聞社を通して「2014年8月京都・兵庫県丹波市豪雨災害義援金」に寄付いたします。(この義援金は、平成27年3月末で受付が終了したため、それ以降は日本赤十字社の災害義援金に寄付いたします)

関連商品