ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

伊藤若冲(いとう じゃくちゅう) 略歴

正徳六年(1716年)~寛政十二年(1800年)
江戸中期の画家。斗米庵、米斗翁の号がある。京都錦小路高倉の青物問屋の跡取り息子として生まれ、狩野派を学びさらに宋元明の中国絵画を研究し、また身辺の自然を直接学ぶことによって独自の画境に至る。
装飾的な花鳥図や飄逸な水墨画を描き、特に鶏を描くことを得意とした。晩年は深草の石峰寺の門前に隠棲し、観音堂の天井絵を描く。代表作には、京都鹿苑寺大書院水墨障壁画、御物の「動植綵絵」、大阪府西福寺の金地濃彩襖絵「群鶏図」などがある

伊藤若冲

竹梅双鶴図(ちくばいそうかくず)

◎プライスコレクション正式認定作品◎

吉祥を象徴する竹と梅。睦まじく寄り添うつがいの鶴は夫婦円満を表しています。

 

※軸装、額装をお選びください。(ご注文の際は、メッセージ欄にご記入願います)

版種 デジタル・プリンティングアート
限定 480部
画面寸法 縦106×横47cm
額(軸)寸法 額寸:縦124×横64.5cm / 軸寸:縦190×横59cm
重量 額装:約6kg
用紙 新絹本(精密復刻用の特製布地)
価格 129,600円(消費税8%込)
その他

《軸装表装》上・下=しぐれ紬、中廻=新緞子、風帯・一文字=正絹飛金、軸先=象牙代用軸

 

●原画所蔵:プライスコレクション
*プライス夫妻のサインと限定番号入りの証明書付
●解説:辻惟雄(東京大学名誉教授、MIHO MUSEUM館長)
●発行:小学館/発売元:小学館イマージュ

 

プライスコレクションとは、アメリカ在住のエツコ&ジョー・プライス夫妻のコレクションのこと。1953年に初めて若冲の作品に出会って以来、江戸時代の日本絵画の収集を続けています。1988年にロサンゼルス・カウンティ美術館に新設された日本館を初めとして、日本における様々な展覧会にもコレクションから作品を積極的に貸し出すなど、近年の若冲再評価のきっかけをつくりました。

関連商品