ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

オーギュスト・ルノワール(おーぎゅすと・るのわーる) 略歴

  • 1841年 フランスのリモージュに生まれる。
  • 1854年 13歳から陶磁器の絵付け工見習いとなる。優れた腕前を発揮し、仕事をしながら美術館に通いプロの画家を目指す。
  • 1862年 官立美術学校に入学。グレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、シスレー、バジールらと知り合う。
  • 1864年 初めてサロンに入選。
  • 1863年 フォンテーヌブローの森で作品制作を開始。
  • 1874年 第一回印象派展に参加。
  • 1881年 イタリアへ旅行をする。ラファエロやアングルの線を研究。
  • 1880年代前半は新古典派の巨匠アングルの影響が顕著で、明快な形態、硬い輪郭線、冷たい色調が目立つようになる。
  • 1885年 長男ピエール誕生。
  • 1880年代後半からは 輪郭線と色、両方を生かす真珠色の時代の様式へと変化。
  • 1890年 アリーヌと正式に結婚。
  • 1907年 南フランスのカーニュに移住。この頃からは重度のリウマチにより絵画制作に支障が出るようになるが、制作意欲は衰えることはなかった。
  • 1919年 逝去。

シルクの夜会服をまとう女性は、画家でありユトリロの母でもあるシュザンヌ・ヴァラドンです。

版種 ジークレー(オルセー美術館内で収録したリマスターアートデータを使用)
画面寸法 46.5×22.6cm
額(軸)寸法 56.5×32.6cm
価格 105,840円(消費税8%込)
その他

原画/1883年制作・オルセー美術館所蔵

欧州製高級額縁使用(背面封じ込み完全額装)

※背面にはオルセー美術館/オランジュリー美術館公共機関発行の認定証を貼付。

 

★リマスターアート®とは

リマスターアート®には最先端のデジタル画像処理技術DTIP(Dynamic Texture Image Processing)による高精細アーカイブデータを使用し、色相、彩度、明度に加え三次元(3D)質感の再現を含めた統合的な画像処理を行い限りなく原画を忠実に再現するという特徴があります。そのため大変鮮明で美しく印刷が仕上がります。出力されたデータは美術館内にて、作品ごとに学芸員と筆さばきや絵の具の状態、作家の製作意図も含めて綿密な打ち合わせを行いながら特殊機材を用い記録をし、実際の作品との比較校正を何度も行っています。

関連商品