東山魁夷『行く秋(ゆくあき)』 | 特殊美術印刷 | 日経アート
ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

東山魁夷(ひがしやま かいい) 略歴

  • 1908年横浜に生まれる。
  • 26年東京美術学校日本画科に入学する。
  • 31年結城素明に師事し、雅号を「魁夷」とする。
  • 65年日本芸術院会員に選ばれる。同年日展理事に就任する。
  • 69年文化勲章を受章、文化功労者として顕彰される。
  • 1999年5月逝去。享年90。勲一等瑞宝章を贈られる。

東山魁夷

行く秋(ゆくあき)

秋深い林の中を落葉を踏んで歩く。楓の黄葉が地上に織り上げた金色のタペストリー。行く秋は淋しいと誰が言ったのか。私が見出したのは、荘重で華麗な自然の生命の燃焼である。

東山魁夷

版種 彩美版R マスターピース コレクション
限定 350部
画面寸法 45.9×65.2cm
額(軸)寸法 63.9×83.2×3.7cm
重量 約5.3kg
価格 540,000円(消費税8%込)
その他

額:特注木製額、ハンドメイド浮き出し加工

監修:東山すみ

原画所蔵:長野県信濃美術館 東山魁夷館

解説:松本猛(美術評論家、長野県信濃美術館 東山魁夷館前館長)

証明:監修者承認印が額裏貼付の奥付に押印され、ATELIER KAII HIGASHIYAMAのマークが画面右下部に入ります。

関連商品