ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

オーギュスト・ルノワール(おーぎゅすと・るのわーる) 略歴

  • 1841年 フランスのリモージュに生まれる。
  • 1854年 13歳から陶磁器の絵付け工見習いとなる。優れた腕前を発揮し、仕事をしながら美術館に通いプロの画家を目指す。
  • 1862年 官立美術学校に入学。グレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、シスレー、バジールらと知り合う。
  • 1864年 初めてサロンに入選。
  • 1863年 フォンテーヌブローの森で作品制作を開始。
  • 1874年 第一回印象派展に参加。
  • 1881年 イタリアへ旅行をする。ラファエロやアングルの線を研究。
  • 1880年代前半は新古典派の巨匠アングルの影響が顕著で、明快な形態、硬い輪郭線、冷たい色調が目立つようになる。
  • 1885年 長男ピエール誕生。
  • 1880年代後半からは 輪郭線と色、両方を生かす真珠色の時代の様式へと変化。
  • 1890年 アリーヌと正式に結婚。
  • 1907年 南フランスのカーニュに移住。この頃からは重度のリウマチにより絵画制作に支障が出るようになるが、制作意欲は衰えることはなかった。
  • 1919年 逝去。

オーギュスト・ルノワール

花瓶の中の花(ラージフレーム版)

光に映える色とりどりの花々を繊細なタッチで描いた印象派を代表する画家ルノワールの名作。浮世絵の明るい色使いを参考に取り入れています。

版種 デジタルプリンティングアート
限定 500部
画面寸法 68×57cm(ほぼ原寸大)
額(軸)寸法 82×71cm
用紙 特製グラフィック・アート・キャンパス地
価格 101,211円(消費税8%込)
その他

原画所蔵:ボストン美術館(アメリカ合衆国)

発行:小学館 / 発売元:小学館イマージュ

 

※スモールサイズ版もございます。備考欄にスモールサイズ希望とご記入ください。(価格:74,057円(消費税8%込) 画寸:57×47cm、額寸:66×57cm)額に若干違いがあります。

関連商品