ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

小倉遊亀(おぐら ゆき) 略歴

  • 1895年 滋賀県大津市に生まれる。
  • 1917年 奈良女子高等師範学校を総代で卒業。
  • 1920年 安田靫彦に師事。
  • 1932年 女性として初めて日本美術院同人に推挙される。
  • 1938年 小倉鉄樹と結婚。
  • 1954年 第4回上村松園賞受賞。
  • 1955年 昭和29年度芸術選奨美術部門文部大臣賞受賞。
  • 1957年 第8回毎日美術賞受賞。
  • 1962年 日本芸術院賞受賞。
  • 1973年 勲三等瑞宝章を授与。
  • 1976年 日本芸術院会員に任命。
  • 1978年 日本美術院理事に就任。文化功労者として顕彰催。
  • 1980年 文化勲章受章。
  • 1990年 日本美術院理事長に就任。
  • 1995年 百寿記念展を開催。
  • 1996年 日本美術院名誉理事に就任。
  • 1999年 パリの三越エトワールにて「小倉遊亀展」開催。
  • 2000年 105歳にて逝去。

遊亀氏が円熟期に制作した本作品は、師である安田靫彦も賛辞を贈ったといわれています。やわらかな薄紅色に貝尽くしの文様があしらわれた着物、絢爛たる金糸の亀甲文様の帯を身に纏った美しい舞妓の姿に重ね合わせて、遊亀氏の仏画としての思いも描き込められた珠玉の作品です。

版種 彩美版® 、シルクスクリーン手刷り、プラチナ泥一部使用
限定 200部
画面寸法 縦45.5×横38.3cm
額(軸)寸法 縦65.5×横58.3cm
用紙 版画用紙
価格 194,400円(消費税8%込)
その他

監修:有限会社 鉄樹

原画所蔵:京都国立近代美術館

証明:著作権者承認印を奥付と画面左下部に押印

関連商品