ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

加山又造(かやま またぞう) 略歴

  • 1927年 京都府の西陣に染織図案家の子として生まれる
  • 1949年 京都市立美術工芸高校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)から東京美術学校日本画科(現・東京藝術大学)に進み、東京藝術大学を卒業。山本丘人に師事
  • 1956年 53年から新制作展に出展し、3年連続して新作家賞を受賞。新制作協会会員となる
  • 1958年 第2回グッゲンハイム国際美術展に出品
  • 1973年 第5回日本芸術大賞受賞
  • 1974年 創画会創立に加わり会員となる
  • 1984年 山梨県・身延山久遠寺大本堂に天井画「墨龍」と水鳴楼の襖絵完成
  • 1988年 東京藝術大学教授就任。「千羽鶴」完成。「龍図」(光記念館所蔵)完成
  • 1995年 東京藝術大学名誉教授就任
  • 1997年 京都市・天龍寺法堂に天井画「雲龍図」完成。同年文化功労者として顕彰
  • 2001年 「白雪ノ嶺」完成
  • 2003年 文化勲章を受章
  • 2004年 4月6日死去(享年76)

「白雪ノ嶺」の原画は2001年に制作されました。日本画家として、富士山を見事に描きたいとの想いの中、加山又造氏が筆を持つことも大変になった晩年に柔らかい線で描かれた大作。描いた当時の澄み渡る青を画伯自身が色彩監修し、時を超え、現代にそのまま蘇らせた作品です。

版種 プリマグラフィ
限定 300部
画面寸法 縦46.8×横70.0cm
額(軸)寸法 縦67.4×横90.8cm
価格 432,000円(消費税8%込)
その他

※作品上のサインは原画に描かれたものをそのまま刷り込んだものです。作品シートの右下余白部分にエディション番号と著作権者の承認因果押されています。(額で隠れています)




プリマグラフィ版画について:「プリマグラフィ」(商標登録名)は、原画を最も忠実に再現できる、デジタルアートプリントです。本作品は、生前の加山又造氏自らが監修した「トッパン日本画家アートアーカイブ」の画像データを使用しています。

関連商品