ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

平山郁夫(ひらやま いくお) 略歴

  • 1930年広島県豊田郡瀬戸田町に生まれる。
  • 52年東京美術学校日本画科を卒業、前田青邨に師事。
  • 59年再興第44回院展出品作品「仏教伝来」で画壇にデビュー。以来、仏教をテーマに制作を続ける。
  • 73年東京藝術大学教授となる。
  • 76年第8回日本芸術大賞を受賞。
  • 89年東京藝術大学学長に就任(95年退官)。
  • 93年文化功労者となる。
  • 96年日本美術院理事長に就任。
  • 97年広島県豊田郡瀬戸田町に平山郁夫美術館が開館。
  • 98年文化勲章を受章。
  • 2000年12月奈良・薬師寺玄奘三蔵院壁画「大唐西域壁画」が完成。
  • 2001年東京藝術大学学長に再就任(05年退官)。
  • 2004年山梨県に平山郁夫シルクロード美術館が開館。
  • 2005年「平成の洛中洛外『平山郁夫展』」が開催される
  • 2007年独立行政法人国立文化財機構顧問
  • 2009年12月2日 逝去(享年79)

平山郁夫

薬師寺東塔

文化勲章受章作家で東京藝術大学学長を2度務めた平山郁夫画伯は2009年惜しまれつつこの世を去られました。仏教やシルクロード、世界遺産などをテーマに、生涯にわたり人類の悠久なる歴史を平和への祈りとともに描き続けてきた平山画伯。2020年春大修理が完了し落慶法要が予定されている国宝・薬師寺東塔を描いた作品です。

版種 リトグラフ
限定 1点限り
画面寸法 45.0×62.5cm
額(軸)寸法 66.0×87.0cm
価格 990,000円(消費税10%込)
その他

・エディション番号(13/135)

・画面右下に直筆サインと印

関連商品