ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

中島千波(なかじま ちなみ) 略歴

  • 1945年 長野県に生まれる。東京藝術大学日本画科を卒業、同大学大学院修了。NHK「きょうの料理」のテキスト表紙絵、津島祐子、宮尾登美子や永井路子の小説の挿絵を手掛ける。
  • 1992年 「おぶせミュージアム・中島千波館」(長野県小布施町)が開館。
  • 1994年 東京藝術大学美術学部助教授に就任。
  • 2000年 同大学教授に就任。
  • 2004年 成田山東京別院深川不動堂内仏殿宝蔵大日堂格天井画完成。
  • 2009年 中島千波展―窓・おもちゃ・花―(おぶせミュージアム・中島千波館)
  • 2010年 中島千波の桜屏風展(おぶせミュージアム・中島千波館)
  • 2013年 東京藝術大学美術学部教授を退任。歌舞伎座緞帳に『春秋の譜』が掲飾される。
  • 2015年 高野山金剛峯寺奥殿の「桜の間 障壁画」を制作。
  • 現 在 東京藝術大学名誉教授、Artist Group -風- 会員

中島千波

瀧桜(たきざくら)【1点限り】

当代屈指の花の名手、日本画家の中島千波は桜をテーマにした数多くの作品を手がけ“桜の千波”として知られています。

日本三大桜のひとつ、福島県田村郡三春町の名木「三春の瀧桜」が描かれた作品です。樹齢1000年以上と伝わるベニシダレザクラの枝から薄紅色の花がまるで滝のように流れおちる様子からこの名前がつけられました。

版種 リトグラフ
限定 245/250
画面寸法 44.0×90.0cm
額(軸)寸法 70.5×115.0cm
価格 550,000円(消費税10%込)
その他

制作年:1994年

直筆サイン・印

関連商品